FORM

東京国際フォーラム
January 01, 2017
日本文化に内在するFORM(型・様式)を、先端テクノロジーで表現するアートパフォーマンスのWebサイトをアートディレクション/デザイン
本公演は狂言師・野村萬斎とメディアアーティスト・真鍋大度によるコラボレーション作品。

これまでにない、伝統芸能と先端テクノロジーのコラボレーションを表現するため、野村萬斎本人が能楽「三番叟」を舞う姿を3Dスキャンした素材をポスター/Webサイトにおける素材としている。このスキャンは「4D View」(動いている被写体を、360度撮影してポリゴンデータにする)であるため、パフォーマンスにおける任意の瞬間・角度をデザイナーが選択することができるほか、ベクターデータとして書き出すことも可能。Webでは萬斎氏のパフォーマンス動画を公開し、グラフィック作品では3Dデータにおけるポリゴン部分を面から線にすることで、高精細な表現とした。無機質なスキャンデータであっても萬斎氏の形の美しさは顕著であり、日本古来のFORMが持つ普遍的な美しさとテクノロジーの融合を、新たな日本の美としてグラフィックに落とし込んだ。
Credit
アートディレクター:木村 浩康(Rhizomatiks Design)
デザイナー:小島 一郎・藤井 かおり(Rhizomatiks Design)
Webプログラミング:塚本 裕文(Rhizomatiks Design)