HUMAN SIZED SYNTHESIZER

RBMA x Rhizomatiks
November 01, 2014
Human Sized Synthesizerは、真鍋大度とRhizomatiksがRed Bull Music Academy*と共同制作したヒューマンサイズの巨大シンセサイザー。4つのサウンド・セットを内蔵したステップ・シーケンサー・ドラムマシン、キーボード、アルペジエイター、X-Y エフェクターなどの機能を搭載。大型サイズのコントローラー部分はKORGのクラシック・シンセサイザーMS10/20を基に作られており、MPCのようなタッチ・センシティブのトリガー・パッドも装備している。
かつてないスケール感で、抽象的かつソリッドな存在感を放ちながら、子どもから大人まで、訪れた人々が操作しインタラクションを楽しめる。音色やリズムを作って気軽に音楽を作ることができるとともに、シンセのメカニズムを体感的に理解することができる。2014年11月、Red Bull Music Academy 東京開催に際して渋谷で2日間限定公開、好評につき、2015年4月にAmitで3日間公開した。
※若く才能溢れるアーティストたちを支援する世界的な音楽学校
Link
Credit
Client : Red Bull Music Academy
Technical Direction/Programmer : 真鍋大度 (Rhizomatiks)
Producer : 齋藤精一 (Rhizomatiks)
Product/Interface Design : 清水啓太郎 (Rhizomatiks)
Project Manager : 平田郁美, 渡辺綾子 (Rhizomatiks)
Music : 黒瀧節也 (Rhizomatiks)
Hardware engineer : 元木龍也 (Rhizomatiks)
Production/Construction[造作・施工] : Zeal
Event Produce : Lounge inc
Performer : DJ Uppercut (GROUNDRIDDIM), Himuro Yoshiteru, 黒瀧節也 (Rhizomatiks)
Video Production : TOKYO / GROUNDRIDDIM
Videographer : 本間無量 (Rhizomatiks)
Programmer:堀井哲史 (Rhizomatiks)