日本科学未来館 Geo-Prism

日本科学未来館
April 01, 2016
AR技術を用いて、ジオ・コスモスにデータやシミュレーションを重ねて表示できるシステムを開発。CGと複数のカメラからの映像をダイナミックに織りまぜたデータが、地球上に可視化される。タッチスクリーン端末を使って、360度方向からコンテンツを鑑賞することができる。また多くの研究者やクリエイターが独自にコンテンツ開発に参加できる設計となっている。
Credit
ystem Development/Production/Construction[システム開発, 製作, 施工]: ライゾマティクスリサーチ
Technical Director : 石橋素(Rhizomatiks)
Producer/Progect Manager : 千葉秀憲(Rhizomatiks)
Camera System Developer : 花井裕也(Rhizomatiks)
Network Engineer : 武政竜也(Rhizomatiks)
Art Director/Designer : 小島一郎(Rhizomatiks)
PM Assistant : 三嶋一路(Rhizomatiks)
Hardware Engineer : 坂本洋一(Rhizomatiks)
Copywriter : 佐藤文彦(Rhizomatiks)